江戸時代の風俗事情

江戸時代の風俗事情

 

徳川将軍家が日本を統治していた時代、それが江戸時代です。

 

なんと265年も続いていたと言うから驚きです。

 

今回は、そんな長い歴史を誇る江戸時代の風俗事情について書いてみたいと思います。

 

皆さん、吉原って名前を聞いた事があるでしょうか?

 

現代だとソープランド好きの人にはおなじみのアノ吉原のソープランド街を想像するでしょう。

 

 

実はあちら、江戸時代は遊女屋が集まる江戸最大の遊郭街だったのです。

 

遊郭とはつまり、幕府公認の風俗の事をさします。

 

江戸の遊郭の歴史は古く、1612年(慶長17年)と言われています。

 

遊女達には当然ランクが存在し、そのトップに君臨するのが花魁、太夫と呼ばれる女性たちです。

 

因みにお店にもランクがあり、大見世、中見世、小見世と別れていました。

 

因みに、花魁クラスと一晩共にするだけで、なんと50万円以上!が必要だったそうです。

 

しかも金を払ってすぐに関係を持てる訳ではなく、最低3度は通って「馴染み」にならないとムリでした。

 

しかも!そこに至るまでに宴会等で金を500万円程度使わないとダメだったそうです。

 

(あくまでトップクラスの遊女と遊ぶ場合です)。

 

そちらで働く遊女達は、華やかで豪華絢爛。

 

実は、殆どの遊女が借金のカタ等で妓楼(ぎろう、遊女たちが集まる小屋の事)に売り飛ばされてきた女性だった訳です。

 

当時、江戸幕府は表向きは人身売買を禁止していました。

 

しかし、格差が大きかった当時、飯も食えない程困窮している家庭も多かったそうです。

 

若い娘を持つ親等は「親孝行の為に」と泣く泣く娘達を売りに出していたそうです。

 

買われる娘の年齢を調べてまたびっくりしました。

 

 

てっきり高校生くらいの娘かと思っていたら、なんと8才からマックスでも10才程度だったそうですから驚きです。

 

買取金額は農村部で50万円程度。

 

下級武士だと最高180万円程度だったそうです。

 

現代からすると全く考えられない行為ですが、当時の事情を想像すると暗に批判も出来ません。

 

遊郭が幕府公認だとすると、当然非公認の遊女もいました。

 

それが「岡場所」。

 

これは幕府も取締を行っていたそうなんですが、そこで摘発された遊女達が送られる先は。。

 

遊郭だったそうです。

 

元々いた遊女たちから「奴女郎」と呼ばれてバカにされていたそうです。

 

連れてこられた娘達は、当然すぐに客を取れる訳ではありませでした(例外あり)。

 

先ずは見習いとして「禿」(はげ、、ではなくカムロと呼びます)スタートします。

 

基本は花魁達の身の回りの世話をさせられます。

 

遊女達は教養も必須でしたので、読み書きも徹底的に教え込まれたそうです。

 

だから、当時の遊女たちは読み書きが出来た訳です(農村部出身者は読めない人が多かったそう)。

 

15才位まで禿で色々と教え込まれ、「新造」(しんぞう)として見習い遊女にステップアップしていくのです。

 

新造になってもすぐに客をとる訳ではなく、遊女の世話をしつつ、テクニック学んだそうです。

 

新造が客を取る前、しなければいけない大切な行為がありました。

 

それが初体験です。

 

別名「水揚げ」と呼ばれるものですね、時代劇などでも聞いた事があるのではないでしょうか?

 

相手をするのは、セックス技術に長けた40過ぎの金持ちテクニシャンにお願いしていたそうです(笑)

 

下手な男に無理強いされて、セックスに対してネガティブイメージを持たれてしまったらその後の遊女人生に暗い影を落としそうですしね。

 

その際、新造達が男を相手にした部屋も、廻し部屋と呼ばれる大部屋だったそうで、一枚の屏風で仕切られていた簡素なモノだったみたいですね。

 

今のピンサロも似た感じですが(笑)

 

トップクラスの花魁は、当然の事ながら個室が与えられ、食事も豪華だったそうです。

 

しかしそんな遊女たちは、年季と言って最長10年間は妓楼で働かなければいけなかったそうです。

 

 

7才で妓楼にやってきて、17才で客を取る様になって、27才で年期明け。。

 

つまり20年間も妓楼で生活しなければいけないのです!

 

しかも基本、彼女達は脱走防止の為に外出禁止!まさしく籠の中の鳥状態だった訳です。

 

基本、借金のカタで連れてこられた女性達ですし、仕事で身につける着物や付き人のカムロや新造の着物等も手出しだった為、全く借金は減らなかったそうです。。

 

そんな彼女達が妓楼から出る方法が「身請け」といいます。

 

内容は、超金持ちの客から金を出してもらって妓楼から出してもらう事です。

 

と言っても、それには莫大な金が必要だったそうで、最低でも1000万円!

 

花魁クラスになると1億円程度必要だったそう!です。

 

他の方法は「死ぬ事」でした。

 

当時の遊女達は、当然の事ながらしっかり避妊等は行っていませんでした。

 

(男性器側には茎袋、きょうたいと呼ばれる皮の布やべっ甲!!で出来た甲形を装着。女性側は膣に和紙を詰め込んだり、水でひたすら洗っていたそう、、明らかに効果なし)。

 

そんな訳で梅毒(エイズはなかった)終生苦しんだり、堕胎に失敗して死亡する遊女も相当数いたそうです。

 

他には男性客と駆け落ちして自殺するパターンもあったそうです、壮絶ですね。。

 

梅毒等になったり、賞味期限(要は遊女適齢期を過ぎた)女性達は妓楼から出れる訳ではなく。

 

借金の為に更に働く事になるのです。

 

例えば、番頭新造と言って花魁の雑用に回ったり、河岸見世(かしみせ)と呼ばれる低クラスの妓楼へ移籍して、更に色を売らなければいけなかったそうです。

 

もっとも悲惨なのは、夜鷹(よたか)と言って、現代で言うたちんぼスタイルで夜道を歩く男に声をかけて、激安(蕎麦一杯程度、500円)でカラダを売っていたそうです。

 

しかも、屋外でゴザ一枚だけ敷いて、、とかなり過酷だったそうです。。

 

今の性風俗環境はマシになったモノだと感じますが、当時の人は今以上に苦労していたのです。

 

最近、更新した記事一覧です

更新

青森の出会い掲示板セックスレスの主婦をゲット

狙うべきは主婦層ですね!特にセックスレスが増えている既婚者はソフトに攻めればタダマンできる主婦もいます!今が入れ食いです!ハメ撮りできた人妻さんをご覧くださいね♪

セックス依存症深夜に待ち合わせたセックス依存症の女を激写!

深夜帯の書込みで突発的に掲示板に投稿していた女子と深夜に待ち合わせました。夜になると淋しくなっちゃう女って多いのかな?知らない人の方がスケベになれる?ハメ撮り成功しました!!

NEW!流行りのデート援で募集する学生との出会い体験談♪お泊りデートに成功!!
ガールズバーの店員をお持ち帰り!セックスはできるのか?
セックスレスの主婦をゲット!年齢は34才。まんこが1番熟したお年頃でした♪
【ビギナー向け】セフレの作り方(中年用)割り切りからセックスフレンドに 昭和の風俗情報