スナックで働く学生

スナックで働くヌードモデルの学生

みなさんは、たとえばクラシックバレエのテレビ中継とか、女子体操の床運動とか、シンクロナイズスイミングの試合とかをぼんやり眺めているとき、頭の中でなに考えてます?

 

ああ、一生に一度でいいからこれくらい身体の柔らかい女とおまんこしてみてえなあ。

 

そう思ったことはありませんか?

 

私なんかいつもそう思ってチンコ硬くしてます(笑)。

 

でも男なら誰だってそう思いますよね。

 

こういってよければ「柔軟性の高い女子とのおまんこ」って男の夢ですよね。

 

ついに先週のことです。

 

モデル

 

私はついに長年のその夢をかなえることができました(笑)。

 

そのお相手はひと月ほどまえから馴染みのスナックでアルバイトを始めた女子大生でした。

 

その彼女が本格的に新体操を続けていたのは高校生のときまでです。

 

大学にはいってからは競技ではなく、サークルで新体操を続けているんですって。

 

「だったらあれ、身体はまだ柔らかいの?」

 

スナックで彼女の身の上を聞いた私は、こっそりとチンコを硬くしながら訊いてみました。

 

「身体の柔軟性は選手だったころとほとんど変わっていません。いくらサークルだってそれなりのテクニックが必要だし、それに子供のころから自宅でのストレッチが習慣になっちゃってますから」

 

よくよくみると彼女って顔とか体型がフィギュアスケートの浅田真央ちゃんにちょっと似ています。

 

そう思ったら私の頭の中に大開脚した真央ちゃんのおまんこが浮かび、そのまんこがそのままアルバイトの彼女のイメージと重なり合ってしまいました。

 

スナックの学生

 

ううううううう。おまんこしたい。身体が柔軟な女と変わった格好でやりまくりたい。この彼女にブリッジさせたり、M字開脚させたりして、まんこをくぱあっとして、舐めまくりたい。

 

私はその日からこの「柔軟性女子」の虜になってしまいました(笑)。

 

とはいえ相手はまだ20才のスナックアルバイトに過ぎず、私はといえばそこに通うハゲでメタボの常連にすぎません。

 

スナックで接待を受ける分には問題ありませんが、あらためて表に連れだすにはそれなりの口実が必要です。

 

ところがその口実がみつからないんです。

 

そんなときスナックで雑談している最中、私は思わぬ情報を入手しました。

 

この彼女が抜群のスタイルを利用して、ときどきヌードデッサンのモデルアルバイトをしている、というのです。

 

「へえ、どういう場所ででヌードになるの?」

 

「町のデッサン教室とか美大のゼミなんかに呼ばれるときもあります」

 

「M字開脚とかさせられるときもあるの?」

 

「それはないです。AV撮影とは違いますから(笑)」

 

「アルバイト料はいくらくらいもらえるの?」

 

「拘束時間にもよりますけど平均すると1万円くらいかなあ」

 

ええー!? たったの1万!? 援交料金の半額じゃん!

 

それで私は思わずこう申し出てしまったんです。

 

「だったら今度、おれのモデルもやってよ。アルバイト料、倍だすから」

 

「え? Kさんって絵を描くんですか?」

 

「うん。最近始めたの」

 

「ほんとにい?」

 

「ほんとだよ! なんならもっとアルバイト料出してもいいから」

 

「………」

 

結局彼女は高額なバイト代に目がくらんだんでしょうね。

 

私の申し出を引き受けてくれました。

 

でも、デッサンをする場所がラブホテルって、誰がどう考えてもおかしいですよね?(笑)

 

ラブホ

 

おそらく彼女は私の魂胆をうっすら見抜いていたのかもしれません。

 

だいいち私はドラえもんの顔さえまともに描けない芸術音痴なんですから。

 

私がホテルのソファでデッサンの準備をしていると間もなく、素っ裸になった彼女がベッドの脇に佇みました。

 

おおおおおお! 顔、小せええ! 首、長えええ! 手足、長えー! すっごいプロポーションです。

 

「どういうポーズをとったらいいですか?」

 

「とりあえずベッドの上に坐ってみて」

 

「こうですか?」

 

「で、上体を後ろに倒して」

 

「こうですか?」

 

「そう。それでミクちゃん、悪いんだけどもっと、こうグーッと両脚を大胆におっ広げてさ。私に向かって股間を突きだすようにしてみてくれない?」

 

モデル

 

「Kさん」

 

「え」

 

「もしかしてKさんは絵を描こうとしてるんじゃなくて、わたしのアソコを覗きこみたいだけなんじゃないですか?」

 

「そんなことないよ! おれは絵を描きたいだけだよ!」

 

「アソコの絵は別料金です」

 

「……いくら?」

 

「3万」

 

「………」

 

みなさん、すでにお気づきでしょうか?

 

この彼女は確かにスナックアルバイトのほかに、デッサンモデルもやっていました。でも、それと併行して援交もやってたんです。

 

つまり彼女は「おまんこで金を稼ぐ」ってことに慣れてる女子だったんです。

 

結局私は4万円を支払って彼女におまんこさせてもらうことになりました。

 

で、私の夢だった「柔軟性の高い女の抱き心地」なんですが、夢に見たほどいいもんでもありませんでした。

 

最近、更新した記事一覧です

更新

青森の出会い掲示板セックスレスの主婦をゲット

狙うべきは主婦層ですね!特にセックスレスが増えている既婚者はソフトに攻めればタダマンできる主婦もいます!今が入れ食いです!ハメ撮りできた人妻さんをご覧くださいね♪

セックス依存症深夜に待ち合わせたセックス依存症の女を激写!

深夜帯の書込みで突発的に掲示板に投稿していた女子と深夜に待ち合わせました。夜になると淋しくなっちゃう女って多いのかな?知らない人の方がスケベになれる?ハメ撮り成功しました!!

NEW!流行りのデート援で募集する学生との出会い体験談♪お泊りデートに成功!!
ガールズバーの店員をお持ち帰り!セックスはできるのか?
セックスレスの主婦をゲット!年齢は34才。まんこが1番熟したお年頃でした♪
【ビギナー向け】セフレの作り方(中年用)割り切りからセックスフレンドに 昭和の風俗情報